スポンサーサイト


blogtitle.jpg こんにちは。はら*ペコミと申します。
お越し頂きありがとうございます。
ビックリするような失敗も多いけど、ここで記録しながら勉強します♫
「もっとこうするといいよ!」というアドバイスお待ちしております☆
仕事もあってマメに更新は出来ないですが気長にお付き合い下さい。
本業のイラストレーターとしてイラストレシピも時々公開します♪

「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

味噌ブタ丼/タイ旅行その5


blogtitle.jpg こんにちは。はら*ペコミと申します。
お越し頂きありがとうございます。
ビックリするような失敗も多いけど、ここで記録しながら勉強します♫
「もっとこうするといいよ!」というアドバイスお待ちしております☆
仕事もあってマメに更新は出来ないですが気長にお付き合い下さい。
本業のイラストレーターとしてイラストレシピも時々公開します♪

「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

pecori_1512211.jpg

のんびりですが、まだまだタイ旅行のお話は続きます…

金色の仏像や遺跡を見た後はアジアティーク ザ リバーフロントという
2012年にオープンしたバンコクの巨大ナイトマーケットです。

観光客向けのアジア雑貨やお土産店、ファッションや雑貨などの
1,500店に加え、約40店のレストランが揃っています。
チャオプラヤー川沿いの倉庫跡地を利用してできた施設で
無料シャトルボートも運行しています。

pecori_1512214.jpg

ここでタイ料理レストランで夕食をとり、ショーを見る為に来ました。
レストランの時間まで時間があったので、暫くはそれぞれショッピングタイム。
お土産を買おうと思ったんですが、次の日も観光なのでこの時はあまり
買い物もせず、ディナーへ。

pecori_1512215.jpg

広いレストランには半分もお客さんが埋まっていなかったんですが
観光客用のレストランで、旅行シーズンでもないからかな。
ここではご飯を食べながらタイ舞踊をみたのですが、
ステージが遠くてあまりいい写真が取れませんでした。

ディナーはコース料理だと思っていたら定食の様な感じ(笑)

pecori_1512218.jpg
※どんなに調整しても綺麗な色になりませんでした(T-T )

メニューは以下の様なものでした。
・おこげのココナッツソース添え(ソースが甘くてお口に合わず)
・豚肉の串焼きカレー風味(これも何となく甘い!?(°◇°;))
・パンダンの葉で包んだチキンの唐揚げ(葉で包まれてないww)
・五目野菜炒め(確実に冷凍野菜を使っているっぽくて一番不味かった…)
・チキングリーンカレー(おいちっ♫)
・海老の辛くて酸っぱいスープ(トムヤンクンの事です。普通に美味しかった)
・ライス(タイ米)
・季節のフルーツ盛り合わせ(スイカとパイナップル…味が薄い)
・コーヒーor紅茶

ディナーを終えて少ししたら、レストランから繋がった階段を上り
扉のその向こうは真っ赤なステージと真っ赤な客席が広がっていました。

pecori_1512216.jpg

ここで見るのはニューハーフショー!!
昔、はるな愛さんがタイで開催されているニューハーフコンテストで優勝したくらい
タイではニューハーフが有名ですね。

「カリプソ」というショーなのですが、
さっきのレストランの横とは思えないくらい客席は超満員でした。

pecori_1512217.jpg

ショーは楽しいパフォーマンスやメッセージ性もあって楽しみました。
色んな国の有名な歌を歌ってくれて、日本では美空ひばりさんの歌でした。
ステージ終了後は帰りの通路にニューハーフさん達がずら〜っと並んで
撮影会をしているのでなかなか進みません。

私も一緒に写真を撮ってもらったのですが、撮影直後に手を出され…
あ、チップね。そうだよね(笑)日本人は慣れてないですからね〜(`∀´;)

この後は近くのタイ古式マッサージ店で一日の疲れを癒しました。
私のイメージではすごく痛そうな気がしていたんですが
と〜〜〜っても気持ちが良かったです。
でもたまにうめき声をあげると担当してくれていた女性が
何度も大爆笑してくれました...(๑•́‧̫•̀๑)そんなに??

ちなみに1時間で1400円くらい(日本円)
めちゃ安い〜〜〜!!日本でこれだけ安かったら毎週やりたい!!

この日はタクシーでホテルに戻ってこれで終了☆

それでは本日の日本料理のレシピです♫
いつになったらタイ料理のレシピがでるのやら(笑)

pecori_1512213.jpg

ずっと前に名古屋で食べた味噌カツ丼を思いだし
カツは面倒なので、豚バラ肉を使って味噌味の丼を作りました☆
衣もないし、油で揚げてないのでヘルシーかと思いきや
豚バラなので油が多いですね〜(笑)

『味噌ブタ丼』
*材料*(1人分)
豚バラブロック・・・100g前後
(薄切りでもOK)
キャベツ・・・・・・1枚程度
サラダ油・・・・・・小さじ1
白胡麻・・・・・・・小さじ1
ごはん・・・・・・・1人分
(漬けダレ)
☆赤みそ・・・・・・大さじ1
☆醤油・・・・・・・大さじ1
☆みりん・・・・・・大さじ2
☆酒・・・・・・・・大さじ2
☆砂糖・・・・・・・大さじ1/2
☆ニンニク・・・・・2cm程度(チューブ)

*作り方*
1)豚バラブロックを5mmの厚さに切る。

2)ジップロックに☆の調味料を入れ、豚肉を入れて揉み込み
  1時間〜半日漬け込む。

3)キャベツを千切りにする。

4)フライパンにサラダ油を敷いて熱し、
  お箸等で軽くタレを落とした豚肉を弱火で焼く。
  油がいっぱい出て来たらペーパーで軽く拭き取る。

5)豚肉に火が通ったら中火にして軽く焦げ目を漬け
  袋に残った漬けダレを入れて軽く煮詰める。

6)丼にご飯を盛り、千切りキャベツを乗せて
  5の豚肉を乗せて白胡麻をふったら完成。

pecori_1512212.jpg
スポンサーサイト

「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

12:15 | ごはんもの | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

豚玉トマトの麺つゆ炒め/タイ旅行その4


blogtitle.jpg こんにちは。はら*ペコミと申します。
お越し頂きありがとうございます。
ビックリするような失敗も多いけど、ここで記録しながら勉強します♫
「もっとこうするといいよ!」というアドバイスお待ちしております☆
仕事もあってマメに更新は出来ないですが気長にお付き合い下さい。
本業のイラストレーターとしてイラストレシピも時々公開します♪

「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

pecori_1512151.jpg

年末多忙のため、のんびり更新ですみません(。-人-。)

タイ旅行の続きです。

「ワット・ポー」で巨大な寝仏像を見てランチを下後は
また車に1時間半程ゆられて移動。

次に訪れたのは1991年にユネスコ世界遺産に登録されたアユタヤ遺跡。
1767年にビルマ(現在はミャンマー)からの攻撃により滅びた王朝の都。
観光したのはほんの一部で、かなり広大な敷地に遺跡が点在していました。

pecori_1512154.jpg

その中のワット・プラ・シーサンペットという、
王宮内で最も重要な建物とされていたという仏塔を見ました。
まるで映画の中やアニメの中に入り込んだ様な美しい景色です。
一部入れない所もありますが、遺跡の階段を自由に登ったり出来ました。
階段は手すりが無いのにかなり急で下りる時はめちゃめちゃ恐怖でした(笑)

ワット・マハータートという大寺院はビルマ軍によって破壊され
その時に落ちた仏頭がそのまま放置され、気の根っこに取り込まれたとか。
顔を覆ってしまわず綺麗に根っこに埋まっているのはなんとも不思議な光景です。

pecori_1512155.jpg

所々に頭のない仏像を目にします。
その昔、タイでは仏像の首の中に色々な物をお供えしていたらしいです。
ビルマ軍の攻撃により壊滅したアユタヤには沢山の泥棒が入って
仏像の頭を取って首の中のお供え物を盗んだという話しをガイドさんに聞きました。
そのため首の無い仏像がそのまま今でも残っているという事です。

pecori_1512156.jpg

海外旅行では何度か遺跡をまわった事がありますが、
その度に頭の中で昔の暮らしを想像して楽しんでみたりしています。
私達が今行きている時代も、いつか「昔はこんな暮らしをしていた…」というように
歴史の中に刻まれて行くんだろうと思うとなんだかロマンですね〜(*^-^*)

pecori_1512153.jpg

では、日本のご家庭には大概置いてある麺つゆを使った簡単な炒め物です。
麺つゆを使いましたが、醤油や生姜、カレー味なんかにしても美味しいと思います。

『豚玉トマトの麺つゆ炒め』
*材料*(2人分)
豚細切れ肉・・・・・150g
玉ねぎ・・・・・・・1/2個
プチトマト・・・・・8〜10個
オリーブオイル・・・大さじ1
麺つゆ・・・・・・・大さじ2(2倍濃縮)
にんにく・・・・・・1〜2cm(チューブ)
塩こしょう・・・・・少々
(つけあわせ)
グリーンリーフ、クレソン

*作り方*
1)玉ねぎ1/2を5〜6等分のくし切りにする。

2)プチトマトを洗ってヘタを取り、半分に切る。

3)フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、中火で豚肉を焼く。

4)豚肉に8割程度火が通ったら玉ねぎを入れて中火で炒める。

5)玉ねぎが軽くしんなりしたら麺つゆ、ニンニクを入れて炒め合わせる。

6)ある程度水分が飛んだらプチトマトを入れてさっと混ぜ合わせ
  塩こしょうで味を整えたら完成。

pecori_1512152.jpg

「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

11:05 | お肉 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

じゃがいもガレット/タイ旅行その3


blogtitle.jpg こんにちは。はら*ペコミと申します。
お越し頂きありがとうございます。
ビックリするような失敗も多いけど、ここで記録しながら勉強します♫
「もっとこうするといいよ!」というアドバイスお待ちしております☆
仕事もあってマメに更新は出来ないですが気長にお付き合い下さい。
本業のイラストレーターとしてイラストレシピも時々公開します♪

「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

pecori_1512101.jpg

相変わらず仕事に追われて、部屋は散らかり放題…
マンションの改修工事のため、外で洗濯物が干せず
家の中に洗濯物があふれている…(-"-;)

てな訳ですが、一つ仕事が片付いたキリのいい所でblog更新☆

のんびり更新ですが、タイ旅行の続き。

前回の「ワット・ポー」という寺院を見た後はランチタイム♫
近くのちょっとこじゃれたカフェレストランは観光客でいっぱい。
仕方なく少し歩いたら小さな街の食道みたいなお店があったのでここで決定!

はじめにご飯か麺を選び、好きなおかずを選んで盛りつけてもらいます。
私は野菜の煮込んだ様なやつと、ガパオと、カリッカリに焼いたソーセージ。

pecori_1512104.jpg

ソーセージ大好きなのでワクワクしながら食べたら…
ウッ( ´;゚;ё;゚)・;'.、・;'.、ゴフッ!!

ま、ま、まずい…
油の味と、変な甘さがあって固い〜〜〜〜〜〜
若干吐きそうになりながら頑張って食べました(笑)
他のは美味しかったです♫

それから一緒に行ったメンバーが食べていたグリーンカレーを
スプーンに1/3程貰ったのですが、火を噴きそうな程辛かった(T ∇ T)

話しは変わって、タイのタクシーはカラフル!!
特にこのピンクがかなり目立ってます!マゼンタ100%って感じ(笑)

pecori_1512105.jpg

旅行中は何度もタクシーにお世話になりましたが、
初乗りは日本円で120円程度と格安です。
渋滞無しで、30分程走っても700円程で、日本の初乗りくらいの値段です。

話しは戻りますが、タイに到着して空港からタクシーでホテルへ向かいました。
9人の団体で行ったので、3人ずつ3台のタクシーに乗り込み最初に私達の車が出発。

運転手さんとお互い下手くそな片言の英語で話しをしていると
しきりに「ハイウェイ?ハイウェイ?」と何度も何度も聞いて来ました。
きっと高速に乗らないと時間がかかるんだと思ったので「OK!OK!」と返事をして
高速をびゅんびゅん150kmも出して走り抜けましたฅ(๑*д*๑)ฅ!!

走っている最中に3カ所の料金所を通り、その都度私がお金を払ってホテルへ到着。
後の2台は高速乗ったかな〜乗ってなかったら、かなり待つかな〜なんて
話していたら、数分してから2台のタクシーが到着。

「高速のった?」と聞いたらどちらの車も乗ってなかった...(・∀・;)
しかもかかった料金は高速代がないので私達の半分。

そして後から後後部座席に乗っていた子から聞いたけど(私は助手席)
高速代のおつりを少しちょろまかしていたらしい。

タイについて早々にやられてしまいました…
日本円で700円程度なので諦められますが、悔しかった〜ヽ(#`Д´)ノ

タクシーに乗っている間に、小さい子供が居てプレゼントしたいから
日本の硬貨を頂戴と言われて、親切に100円玉をあげたのに
恩を仇で返されてしまいました。

pecori_1512102.jpg

では、気を取り直して今日のレシピ。
タイ料理でも何でもないし、前のカメラで撮影した下手くそな写真です。
切って、混ぜて、焼くだけ。

『じゃがいもガレット』
*材料*(2人分)
じゃがいも・・・・・2個
卵・・・・・・・・・1個
薄力粉・・・・・・・大さじ1
ピザ用チーズ・・・・20g
塩こしょう・・・・・少々
オリーブオイル・・・適量

*作り方*
1)ボウルに卵、薄力粉を入れて混ぜる。

2)じゃがいもを千切りにして1に入れる。

3)2に塩こしょう、ピザ用チーズを入れて混ぜる。

4)フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、3を1/4ずつ中火で焼く。

5)こんがり焼けたら裏返し、両面焼き色がついたら器に盛り
  お好みで、ケチャップと粒マスタードをそえて完成。

pecori_1512103.jpg

「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

18:32 | お野菜 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アップルマフィン/タイ旅行その2


blogtitle.jpg こんにちは。はら*ペコミと申します。
お越し頂きありがとうございます。
ビックリするような失敗も多いけど、ここで記録しながら勉強します♫
「もっとこうするといいよ!」というアドバイスお待ちしております☆
仕事もあってマメに更新は出来ないですが気長にお付き合い下さい。
本業のイラストレーターとしてイラストレシピも時々公開します♪

「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

pecori_1512041.jpg

前回のタイ旅行のつづきです。

水上マーケットの後はまた車にゆられ、到着したのは「ワット・ポー」と呼ばれる
バンコク最古の寺院です。バンコクの中心部で割と賑やかな場所に位置しています。
正式名称は『ワット・プラ・チェートゥ・ポン・ラーチャ・ワ・ララーム』といい、
名前が長く複雑であればあるほど箔がついてありがたみが増すそうです。

礼拝堂へは靴を専用の袋に入れて持ち込みます。
肌が露出している服を着ている人は肌を隠すための羽織を渡されます。

礼拝堂の中には一番の見所である寝釈迦像が建物いっぱいに寝転がっています。
全長49メートル、高さ12メートルという巨大な仏像は柱に邪魔されて
正面から全体を眺める事は出来ませんが、足下へ行けば全体を見渡す事が出来ました。

pecori_1512045.jpg

仏教ですから日本と仏像の顔は同じ雰囲気ですね。髪の毛の形も同じです。

pecori_1512044.jpg

礼拝堂の扉の模様が美しかったので写真を撮ってきましたが
職業柄こういう模様がとっても気になります。

pecori_1512046.jpg

日本と違うなぁと感じたのは、寺院の建物がギラギラしていて派手な事。
カラフルなガラスがはめ込まれていたり、金が多く使われていました。

本堂の周りには仏塔がいくつか並んでいるのですが、モザイクの様な造りが
とても美しく、これをバックに写真を取る方がとても多かったです。

pecori_1512047.jpg

タイのトイレ事情ですが、海外では珍しくない有料トイレが多いんですが
(5バーツなので15円程度です)こちらは入場料を払っているので無料。
しかもトイレなのに自動ドアがついていました(笑)

ホテルやレストランは基本的に無料で綺麗なのですが
観光地等や休憩所で立ち寄ったトイレは有料で、しかもあまり衛生的ではありません。
トイレットペーパーが無い所が多いのでティッシュは多めに持っておく事。
ティッシュは流さずゴミ箱へ、水は手酌で流す所も多かったです。

和式ならともかく、様式のトイレもいくつかあって便座が無かったり、
あっても拭いても座るの怖いので空気椅子でした(爆)

pecori_1512043.jpg

そんな話しをした後にレシピの記事もなんですが
今日のレシピは普通のアップルマフィンです。
基本なので、これにクリームチーズやナッツなどを入れても美味しいと思います。

『アップルマフィン』
*材料*(5.5cmマフィン型6〜7個分くらい)
りんご・・・・・・・・1/2個
砂糖・・・・・・・・・小さじ2(フィリング用)
バター・・・・・・・・小さじ1(フィリング用)
薄力粉・・・・・・・・100g
ベーキングパウダー・・4g
バター・・・・・・・・50g
砂糖・・・・・・・・・70g
卵・・・・・・・・・・1個
シナモン・・・・・・・・少々

*作り方*
1)りんごは皮をむいて7mm角程度に細かく切る。

2)小鍋に1とバター小さじ1、砂糖小さじ2を入れて弱火で炒める。
  汁気が無くなったら火を消す。オーブン180℃、20分で余熱開始。

3)耐熱ボウルにバターを入れてレンジで溶かす。

4)3に砂糖を入れてしっかり泡立て器で混ぜ、溶き卵を少しずつ入れ混ぜる。

5)4に2のアップルフィリングを入れて混ぜる。

6)薄力粉、ベーキングパウダー、シナモンを合わせた物をふるいながら
  3〜4回に分けて入れ、ボウルを回しながらゴムベラで救う様に混ぜる。

7)6をマフィン型に入れ、余熱が終わったオーブンで焼いたら完成。

pecori_1512042.jpg


「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

11:59 | スイーツ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。