キャベツで棒棒鶏(バンバンジー)・免許の更新


blogtitle.jpg こんにちは。はら*ペコミと申します。
お越し頂きありがとうございます。
ビックリするような失敗も多いけど、ここで記録しながら勉強します♫
「もっとこうするといいよ!」というアドバイスお待ちしております☆
仕事もあってマメに更新は出来ないですが気長にお付き合い下さい。
本業のイラストレーターとしてイラストレシピも時々公開します♪

「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

pecori_1408123.jpg

週末のお出かけのお話を使用と思ったのですが
今日早朝から免許の更新へ行って来たので
そっちのタイムリーなお話を先に。

3年ぶりの更新。
そう、ブルー免許です( ̄。 ̄;)

まだ車を持っていた4年前くらいに違反したんで
その後すぐ免許の更新があって、当然違反者講習。
ゴールド免許からブルーへ...(´・ε・̥ˋ๑)

その後は違反していません!
しかし、今日もまたまた違反者講習でした。
なぜなら、免許の更新は3年おきなのに対し、
違反は過去5年をさかのぼるからです...(-"-;)オーマイガッ!

今は時々レンタカーを借りるくらいなのですが
3年後まで違反しない様に気をつけないと。。。
次こそゴールドにもどるぞ〜い☆

でも知らない道を走るときって間違って逆走した事ないですか!?
わざとじゃなくても危ないからあかんけど
標識って見えにくい時あるやんっ!?

ひどい時伸びきった樹木の生い茂った葉っぱに
標識が完全に隠れてたりする事もあったし、
夜なんか特に光ってないから見えない!!
この二つの条件が重りつかまった事もありました...o(*≧д≦)o

とりあえず免許の写真撮影は気合い入れる前に
「終わりました」と言われて変な顔になりがちなので
椅子に座る前から細心の注意を払って(大して変わらんW)
いざいざ違反者講習へ。

始める10分前に講義室へ。
まだ誰もいない!一番乗り〜!
優秀、優秀(* ̄∇ ̄*)♪

スマホ見ながら待っていると私の座っている所ににおじさんが来て
「ここは私の席ですけど...」
???(๑˙ϖ˙๑)???
へ??席決まってるの???

私どこ!?番号なんか知らんけど。。。

講習案内の紙をおじさんにみせると
「これ別館やわ、ここ本館。」

アワアワ((((;゚;Д;゚;))))アワワワ

時計を見たら講習始まってる〜!!!
ぎゃほ〜〜ん!!!
とあわてて窓口のおねーさんに事情を話して
本当の講義室まで案内してもらい教官に事情を伝えて講義室へ。

大注目!!ハズカスィ〜〜〜〜(;;゚;;ё;;゚;;)

おねーさんが遅れた分後で少しだけ講習受けたら大丈夫と言っていたけど
遅れたのは10分くらいで大した話しをしていない時だからいいよと
普通に免許もらって帰りました〜。久しぶりに焦った焦ったε=( ̄。 ̄;)

pecori_1408121.jpg

そういう事で、今日は(も?)超簡単手抜きレシピです。

本来の棒棒鶏はキュウリを使うと思うのですが
なかったので変わりにキャベツで作ってみました。
彩りがイマイチなのでやっぱりキュウリの方が良かったかも〜

でもレシピをアップするのが私です(ી(΄◞ิ౪◟ิ‵)ʃ)

『キャベツで棒棒鶏』
*材料*(1〜2人分)
キャベツ・・・・・・1〜2枚
トマト・・・・・・・1個
ささみ・・・・・・・1〜2本
酒・・・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・1つまみ
(ゴマだれ)
白すりゴマ・・・・・大さじ2
ごま油・・・・・・・大さじ1
醤油・・・・・・・・大さじ1
味噌・・・・・・・・大さじ1
マヨネーズ・・・・・大さじ1/2
酢・・・・・・・・・大さじ1/2
砂糖・・・・・・・・大さじ1/2
ニンニク・・・・・・1cm(チューブ)
しょうが・・・・・・1cm(チューブ)

*作り方*
1)小鍋にささみを入れて、ささみがしっかりかぶるくらいの水と
酒、塩をいれて中火にかける。

2)1が沸騰したらフタをして火を消し、完全に冷めるまでそのまま放置。

3)冷めたささみをほぐしながら筋を取り除く。

4)キャベツを千切り、トマトはヘタを取り1cm程度の輪切りにする。

5)ゴマだれの調味料を合わせる。

6)器にキャベツ、トマト、ささみの順に盛りゴマだれをかけて完成☆

pecori_1408122.jpg

「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

15:56 | お野菜 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
タコときゃべつとミョウガの和風マリネ・ライブへ | top | 中華風豚の角煮・こんだてnoteで紹介されました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://harapecosousaku.blog.fc2.com/tb.php/128-078b12c3