小アジのトマトマリネ・練り切り体験


blogtitle.jpg こんにちは。はら*ペコミと申します。
お越し頂きありがとうございます。
ビックリするような失敗も多いけど、ここで記録しながら勉強します♫
「もっとこうするといいよ!」というアドバイスお待ちしております☆
仕事もあってマメに更新は出来ないですが気長にお付き合い下さい。
本業のイラストレーターとしてイラストレシピも時々公開します♪

「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

pecori_1410081.jpg

ずっと前から一度やってみたいと思っていた
煉りきり体験を今年の2月に行ってきました♪
(いつの話〜〜〜〜( ̄▽ ̄;))

京都の『亀谷良長』(かめやよしなが)という
創業200年以上の老舗和菓子屋さんの一角で
煉りきりを作る体験が出来ます☆

事前に予約をして、当日店舗にその日の体験者が全員あつまったら
裏の小さい入口から小さな会議室の様な部屋に案内されました。

エプロンを着けて、手を洗って、まずは先生のお手本を拝見。
それから同じ様に自分の手元にある、白、黄色、ピンクの餡を使って
梅とキキョウ(だったかな…)の2種類を2個ずつ作りました。

一応これでも美大を卒業して、在学中は粘土で立体作品を
よく作っていたので余裕のよっちゃん♪

…と思ったんですが、案外思い通りにはいかないもんで(;ё_ё)
75点という感じかな。
半分は試食して、半分はお持ち帰り用の入れ物を頂けます。

pecori_1410084.jpg

この日、お手本を見せてくれた職人さんが
とっても若い女性だったので、気になって
「どうして和菓子職人になったのですか?」と聞いてみました。

彼女は千葉県の出身で、高校生の頃に修学旅行で京都に来て
練り切り体験をしたそうです。
その時に「これだ!」と思い、卒業後すぐこの世界へ入ったそうです。

彼女はとても笑顔が可愛くて、控えめだけど元気な人柄で
きっと良い職人さんになるに違いないと思いました。

pecori_1410083.jpg

では、今日は久しぶりのお魚レシピです。
お魚教室は今月で1年間が終了してしまったので
これから自力でレパートリーを増やせるように頑張ります!

『小アジのトマトマリネ』
*材料*(2人分)
小アジ・・・・・・・4匹(大きめの物なら2匹)
塩・・・・・・・・・小さじ1/2
薄力粉・・・・・・・適量
揚げ油・・・・・・・適量
サラダ油・・・・・・大さじ1
ニンニク・・・・・・1片
玉ねぎ・・・・・・・1/2個
トマトジュース・・・150ml
酢・・・・・・・・・大さじ1
塩こしょう・・・・・少々
ディル・・・・・・・3本

*作り方*
1)ニンニクをみじん切りに、玉ねぎを繊維にそって薄切りにする。

2)小アジのぜいごを取り、エラを取って、はらわたを取り(※)
洗って水気を拭き塩をふって10分程置く。

3)アジから出た水分を拭き取って全体に薄く薄力粉をまぶす。

4)フライパンに揚げ油を1〜2cm程度入れて熱し
160〜170度くらいでひっくり返しながらカリっとするまで揚げる。

5)別のフライパンにサラダ油大さじ1とニンニクを入れて弱火をつける。

6)ニンニクの香りがたってきたら玉ねぎを入れて
強めの弱火で軽くしんなりするまで炒める。

7)6にトマトジュース、酢、塩こしょうで味を整える。

8)7に揚げたアジを入れて中火で汁気が軽く煮詰まるまで煮込む。

9)8に1本のディルの葉っぱを指でこそぎながら入れ絡め
器に盛り、残りのディルを飾って感性☆

※小アジの捌き方を文章でうまく伝えられないので、
インターネットで見つけた分かりやすいページを添付します。
http://cookpad.com/recipe/2314259

pecori_1410082.jpg

「レシピブログ」ランキングに参加中!よかったらポチっとしてくださいね♪

02:55 | お魚・貝 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
イタリアン風温泉卵 | top | 青山金魚さんの翡翠色した餃子の塩レモントマトかけ<つくレポ>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://harapecosousaku.blog.fc2.com/tb.php/165-4750fb3e